脇毛の黒いブツブツが残らない処理方法

ムダ毛で悩む女性

 

脇毛の毛穴周辺の黒いブツブツは気になりますよね。

 

脇のムダ毛を処理していても黒いブツブツがあると、ノースリーブや半袖を着られないですし、腕を思いっ切り上げられません。

 

脇毛の黒いブツブツが残らない処理方法ってあるのでしょうか。

そもそも脇が黒くブツブツになる理由は?

脇毛の毛穴周辺が黒くブツブツになる原因は、次の4つです。

 

・摩擦や汗による蒸れが刺激になる
・制汗スプレーに入っている重金属が刺激になる
・カミソリなどによる自己処理が刺激になる
・汚れや毛穴がつまる

 

このように、いろいろな刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素が生成し、黒いブツブツが出来てしまうことがあります。

 

また、毛穴の詰まりによって汗や皮脂が行き場をなくし炎症をおこしたものが色素沈着してしまう場合があります。

黒いブツブツを改善するには?

毛穴の汚れ、汗については地道に優しく洗って清潔にすることだけです。
吸水性、吸湿性の良い肌着に変えるのも摩擦や汗を防ぐのために良いですね。

 

また、洗ったあとはボディローションとボディミルクで水分補給と保湿をするのがおススメです。
ボディ用がない人は、顔用の化粧水と乳液でも大丈夫です。

 

乾燥を防ぎ、毛穴を引き締めるので毛穴に汚れが詰まりにくくなりますよ。
しかし、なかなか脇までスキンケアをするのは大変ですよね。

 

そこでおススメの方法は、思い切って自己処理をやめることです。

 

カミソリが刺激になり黒いブツブツが出来るので、エステ脱毛をしてしまえば、原因をすっきり解消することができます。

まとめ

黒いブツブツが出来ているのに、さらに紫外線を無防備に浴びたり、制汗スプレーを使い続けてしまうと、さらに黒ずみが悪化していきます。

 

色素沈着になってしまうと、改善にはかなり時間がかかるようになります。
エステ脱毛ならカミソリ処理による肌トラブルや黒ずみトラブルも防げ、面倒な自己処理も要りません。

 

ミュゼプラチナムなら脇脱毛のキャンペーンも多いので、かなり安い価格でエステ脱毛を受けることができますよ。